商品詳細

ヒノキヒノキ

桧は日本を代表する材木のひとつです。
古くから神社・お寺・住宅に使われてきました。
桧は神聖さを表す白い木であり、木目もまっすぐと入り、色揃いも良いことが神社・お寺材として使われてきた理由だと思います。
桧は粘り強い木であり、製材されたあと住宅などの構造材に使用されてからも強度を増してくることが広く知られています。
木工工作、DIYに使うにも適度な柔らかさと堅さで使い便利が良い木材です。

ヒノキの特徴

特徴
日本を代表する針葉樹です。色が白いので伊勢神宮などの神社に良く使用されます。辺材は白く、心材の色は主に薄い赤色系です。建築材、彫刻などに適しています。針葉樹。

桧はまっすぐに育っている木なので、割って使っても曲がりが少なく、鉋削りをすれば光沢が出てより美しくなります。
桧は植林木も多く、いっぱい使っても環境が与える影響は少なく、どちらかといえばもっといっぱい使った方が良いくらいです。
素直なうえにきれいな木なので、木工工作、DIY、リフォームにも使いやすいですよ。
主な使用用途
棚・カウンター・テーブル・家具・枠・フローリング・壁板・神社・お寺・柱
ヒノキ
STEP1.サイズ
厚さ mm(10mm~55mm)
長さ mm(100mm~3000mm)
mm(20mm~1000mm)

ジャストカットをご希望の場合オプションで選択が必要です。

※ジャストカット無しの場合、
1~20mm程長い商品をお届けするようになります

ご入力の際の注意点
板の説明

※無垢材で幅100mm 以上の場合は幅はぎになります。

※板目、柾目、木裏、木表込みになります。
板目、柾目、木裏、木表の指定をご希望の方はカート内、STEP2のお支払い方法・お届け時間等の指定ページの[ その他お問い合わせ ]の欄にお書きください。
ご希望にそえない場合もあります。

※無垢材で厚さ5~9㎜(幅130mm 以内)をご希望の方は、
1)商品詳細ページにて、厚さを範囲内にて入力いただき、
2)カート内、STEP2のお支払い方法・お届け時間等の指定ページの[ その他お問い合わせ ] の欄にご希望の厚みをお書きください。

STEP2.使用方向
使用方向図

使用方向について詳しくはこちらをご覧頂きいずれかご選択ください。

この商品の使用方向は三方向のみです。


STEP3.オプション

ジャストカットはご注文の寸法にカットいたします。木材は乾燥材でも環境の違いにより伸び縮みいたします。許容範囲はプラスマイナス0.3mmといたします。※ジャストカット無しの場合、1~20mm程長い商品をお届けするようになります


反り止めについて詳しくはこちらをご覧ください。


各種加工について詳しくはこちらをご覧ください。

面取り図
A
B
C
D

各種加工について詳しくはこちらをご覧ください。

コーナーR
A
B
C
D

※厚みが30mm以上の場合は円形の穴開けは直径30mm以上からしかお選びいただけません。

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

円形の穴開け
X Y 直径
1つ目 mm mm mm
2つ目 mm mm mm
3つ目 mm mm mm
4つ目 mm mm mm
5つ目 mm mm mm
6つ目 mm mm mm

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

※四隅に若干Rが残りますので予めご了承ください。

四角形の穴開け
X1 X2 Y1 Y2
1つ目 mm mm mm mm
2つ目 mm mm mm mm
3つ目 mm mm mm mm
4つ目 mm mm mm mm
5つ目 mm mm mm mm
6つ目 mm mm mm mm

斜めカット 斜めカット 斜めカット
X Y
A mm mm
B mm mm
C mm mm
D mm mm

※溝深さは、掘る幅が10mm以上で、木材の残り厚が最低5mm以上必要となります。

※溝幅は、最低30mm以上必要となります。

※溝と溝の間は、最低3mm以上必要となります。

※溝底の仕上げはいたしません。あらかじめご了承ください。

斜めカット
Y1 Y2 深さ 溝を掘る面
1本目 mm mm mm
2本目 mm mm mm
3本目 mm mm mm
4本目 mm mm mm

※塗装を行う場合は面取り加工が必要となりますので、面取り加工もご登録ください。

塗装について詳しくはこちらをご覧ください。

STEP4.カートに入れる

  • 木材オプション:

単価:¥(税込)

合計:¥(税込)

重さ:kg

数量:

デスク・テーブル・床(フローリング)などとの相性

DIYでデスク・テーブルに使用するには、桧は少し柔らかすぎるかもしれません。
ただあまり重くないし加工しやすいので、多少キズが入ってもそれを自分の思い出と思ってもらえれば、それはそれで良いことではなないでしょうか。
桧のフローリングは『縁甲板』といって、文字通り縁側の床や和風住宅の玄関・廊下のフローリングとして使われてきました。
桧のフローリング今は手頃な値段のものもあるので、是非使ってみてください。

桧の無垢材の色に関して

桧は白い木の代表のひとつです。
白色からピンク色の桧のカラーは美しく色揃えも比較的簡単です。
節も赤色系でうまく使えば桧の無節のものとは違った魅力がでてきます。

桧無垢材の経年変化

桧は鉋で加工したての時はとても
光沢がでて白色からピンク色の美しい木です。
使い込んで手入れをしていけば落ち着きのある輝きとなり、色は飴色とおびて見ている私たちを落ち着かせてくれる色彩となっていきます。
長年経って経年変化した桧の姿は家の歴史と共に風格を増していくことでしょう。
※写真の左側は経年変化前、右側は経年変化後です。

トップへ戻る