木材(無垢材)

ヒノキ

日本を代表する針葉樹です。色が白いので伊勢神宮などの神社に良く使用されます。

ヒノキ(節有)

日本を代表する針葉樹です。色が白いので伊勢神宮などの神社に良く使用されます。

スギ

杉はまっすぐに成長するので木の目もすっきり通っているものが多いです。木の中では少しやわらかい方です。

スギ(節有)

杉はまっすぐに成長するので木の目もすっきり通っているものが多いです。木の中では少しやわらかい方です。

ベイツガ

住宅の内装材によく使用されています。色は、辺材、心材共あまり差がなく全体として白っぽい木です。

ベイヒバ

米ヒバと名付けられていますがヒノキ科です。辺材は黄みがかった白色で、心材は虫、水に強いです。

ベイマツ

日本の建築材としてかなりの量を米松は占めています。構造材にも内装材にも利用されます。

ベイマツ(節有)

日本の建築材としてかなりの量を米松は占めています。構造材にも内装材にも利用されます。

モクレン

ミャンマーで多く産出されています。黒心木連ともいいます。辺材は白く色が淡褐色、心材は緑色に近い木材です。

ホワイトアッシュ

堅くて製材の難しい木です。辺材は白く、心材は褐色。野球のバットに使われる事で有名です。

ニヤトー

ニヤトーは心材が赤色系統なので、日本では主に桜、樺の代用品として使われています。

タモ

タモは落ち着きのある色で高級感がある木材です。少し堅いですが加工もしやすい木材です。

ホワイトオーク

色白で堅い木です。辺材は文字通り白く、心材は淡褐色から褐色です。ウイスキーの樽に使用されています。

ブラックチェリー

心材は加工すると美しい赤褐色になり、辺材は白色です。とても落ち着いた色で高級感が漂います。

ウォールナット

家具用材として昔から人気のあった木材です。家具に利用しても狂いが少なく、加工性も良く、銘木に含まれます。

ベイヒ

アメリカで産出されるヒノキ科の木材です。日本の桧に良く似ています。心材、辺材共に、白色~薄い黄色です。

トップへ戻る