商品詳細

タモタモ

タモの表面は、木目がはっきりと出て美しく、淡い褐色の色合いは落ち着きがあり、目にやさしい。タモは広葉樹の中ではわりとまっすぐに育つので、木目もまっすぐに入ってきて部屋全体がすっきりとした感じになります。
和風住宅・洋風住宅に限らず、窓枠、ドア枠、巾木、廻り縁などに高級な材料として利用されています。
家具材として、テーブル、椅子、たんす、カウンターなどに幅広く使用されています。

タモの特徴

特徴
タモは落ち着きのある色で高級感がある木材です。少し堅いが加工もしやすい。辺材は黄みがかった白色で、心材は褐色です。建築内装材、家具材。広葉樹。

タモは木目の美しさから、ツキ板に数多く利用されてきました。かつては、タモのツキ板合板が高級材として数多く利用され、事務所の応接室・役員室・住宅の応接間・居間などに使われ、その落ち着きのある色合いは部屋を重厚な感じにします。
無垢材のタモは、堅い木でありながら、釘・ビスの入りもよく、利きも良いので、大工さんにも重宝されています。

厚み 10㎜から100㎜
長さ 100㎜から3000㎜
幅  20㎜から1000㎜まで対応できます。
幅100㎜以上は、幅ハギになります。
それ以外の寸法でも対応できる場合もありますので、連絡してみて下さい。
主な使用用途
棚・カウンター・テーブル・家具・枠
タモ
STEP1.サイズ
厚さ mm(10mm~100mm)
長さ mm(100mm~3000mm)
mm(20mm~1000mm)

ジャストカットをご希望の場合オプションで選択が必要です。

※ジャストカット無しの場合、
1~20mm程長い商品をお届けするようになります

ご入力の際の注意点
板の説明

※無垢材で幅100mm 以上の場合は幅はぎになります。

※板目、柾目、木裏、木表込みになります。
板目、柾目、木裏、木表の指定をご希望の方はカート内、STEP2のお支払い方法・お届け時間等の指定ページの[ その他お問い合わせ ]の欄にお書きください。
ご希望にそえない場合もあります。

※無垢材で厚さ5~9㎜(幅130mm 以内)をご希望の方は、
1)商品詳細ページにて、厚さを範囲内にて入力いただき、
2)カート内、STEP2のお支払い方法・お届け時間等の指定ページの[ その他お問い合わせ ] の欄にご希望の厚みをお書きください。

STEP2.使用方向
使用方向図

使用方向について詳しくはこちらをご覧頂きいずれかご選択ください。

STEP3.オプション

ジャストカットはご注文の寸法にカットいたします。木材は乾燥材でも環境の違いにより伸び縮みいたします。許容範囲はプラスマイナス0.3mmといたします。※ジャストカット無しの場合、1~20mm程長い商品をお届けするようになります


厚み25㎜以下は、反り止め加工ができません

反り止めについて詳しくはこちらをご覧ください。


各種加工について詳しくはこちらをご覧ください。

面取り図
A
B
C
D

各種加工について詳しくはこちらをご覧ください。

コーナーR
A
B
C
D

※厚みが30mm以上の場合は円形の穴開けは直径30mm以上からしかお選びいただけません。

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

円形の穴開け
X Y 直径
1つ目 mm mm mm
2つ目 mm mm mm
3つ目 mm mm mm
4つ目 mm mm mm
5つ目 mm mm mm
6つ目 mm mm mm

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

※四隅に若干Rが残りますので予めご了承ください。

四角形の穴開け
X1 X2 Y1 Y2
1つ目 mm mm mm mm
2つ目 mm mm mm mm
3つ目 mm mm mm mm
4つ目 mm mm mm mm
5つ目 mm mm mm mm
6つ目 mm mm mm mm

斜めカット 斜めカット 斜めカット
X Y
A mm mm
B mm mm
C mm mm
D mm mm

※断面の斜めカットを御希望の方は、
問い合せホームよりお問い合わせください

※溝深さは、掘る幅が10mm以上で、木材の残り厚が最低5mm以上必要となります。

※溝幅は、最低30mm以上必要となります。

※溝と溝の間は、最低3mm以上必要となります。

※溝底の仕上げはいたしません。あらかじめご了承ください。

斜めカット
Y1 Y2 深さ 溝を掘る面
1本目 mm mm mm
2本目 mm mm mm
3本目 mm mm mm
4本目 mm mm mm

※塗装を行う場合は面取り加工が必要となりますので、面取り加工もご登録ください。

塗装について詳しくはこちらをご覧ください。

STEP4.カートに入れる

  • 木材オプション:

単価:¥(税込)

合計:¥(税込)

重さ:kg

数量:

デスク・テーブル・床(フローリング)などとの相性

デスク・テーブルなどには、1枚板天板、幅ハギ、集成材、化粧単板貼りなどいろんな加工方法でタモが使われています。
どんな加工をしてもタモの魅力は損なわれず、かえっていろいろな表情が出てきて選択肢が増えているようです。
タモフローリングもポピュラーな商品です。落ち着いたトーンのフローリングを好まれる方から選ばれています。

タモの色に関して

タモは全体的に淡い褐色で木の皮に近い部分は淡い黄白色になります。
タモは落ち着きある高級感あふれる木材の代表のひとつです。
タモを住宅の内装材、家具に使うと、タモの存在だけで住宅がワンランクグレードアップしたように感じられます。

タモ無垢材の経年変化

タモはもともと落ち着いた色合いの淡い褐色を基調とした木材です。
使用した年月と共に、タモの色は次第に深くなり、より重厚な雰囲気をかもし出します。
※写真の左側は経年変化前、右側は経年変化後です。

ウッディヨネダが扱うタモの無垢材について

タモは洋風住宅の内装材として、高級な無垢木材の中ではもっともよく使われているのではないでしょうか。

タモは落ち着いた色合いで、堅く木の表面がキズつきにくく、加工もしやすいです。デスク・カウンターなどに使用しても、曲がり反りなどもあまり出ません。タモをテーブル・ドア枠・窓枠に使用すれば、部屋全体は重みを持ち、ゆったりとした感じになり、心もやすらぎます。

タモは広葉樹のなかではわりとまっすぐに成長するので、製材をしてタモ無垢材を取ってもロスが少なく、木目も比較的まっすぐに入ってきます。
塗装をしても、きれいに仕上がります。
ただ、耐水性には欠けるので、内装材として利用したいです。

トップへ戻る