商品詳細

マホガニーマホガニー

マホガニーは世界で代表的な銘木の1つです。高級家具などでよく目にします。色はマホガニー色と言われ、淡い赤褐色から赤褐色まであります。
ウッディヨネダで取り扱っているマホガニーは、アフリカンマホガニーです。アフリカンマホガニーは、材質は適度な硬さで、軽く品質も安定しています。

マホガニーの特徴

特徴
マホガニーは、赤褐色の色合いと木の表面に現れる光沢から世界の誰もが認める銘木です。古典的な色と美しい木目で作られた高級家具は、見る人、使う人を魅了してやみません。

マホガニーは適度な硬さ重さも兼ね備えており、加工もしやすいです。マホガニーを住宅の内装に使っても落ち着きのある色合いで部屋全体がシックな佇まいになります。
主な使用用途
棚・カウンター・家具
マホガニー
STEP1.サイズ サイズの単位はミリ(mm)になります。
厚さ mm(10mm~40mm)
長さ mm(100mm~3000mm)
mm(20mm~1000mm)

ご注文の寸法にジャストカットいたします。

※木材は乾燥材でも環境の違いにより伸び縮みいたします。許容範囲はプラスマイナス0.3mmといたします。

(※ジャストカット無しのオプションは、2023年10月より無くなりました。)

ご入力の際の注意点
板の説明

※無垢材で幅100mm 以上の場合は幅はぎになります。

※板目、柾目、木裏、木表込みになります。

※無垢材で厚さ5~9㎜(幅130mm 以内)をご希望の方は、
1)商品詳細ページにて、厚さを範囲内にて入力いただき、
2)カート内、STEP2のお支払い方法・お届け時間等の指定ページの[ その他お問い合わせ ] の欄にご希望の厚みをお書きください。
3) 確認次第、再見積もりの金額をご連絡いたします。

STEP2.使用方向
使用方向図

使用方向について詳しくはこちらをご覧頂きいずれかご選択ください。

STEP3.オプション

厚み25㎜未満は、反り止め加工ができません

反り止めについて詳しくはこちらをご覧ください。


各種加工について詳しくはこちらをご覧ください。

面取り図
A
B
C
D

※コーナーR加工と面取り加工をどちらも御希望の場合は、必ず同じ面取りをお選びください。

コーナーR
A
B
C
D

※コーナーR加工と面取り加工をどちらも御希望の場合は、必ず同じ面取りをお選びください。

下記箇所に該当する場合は、同じ面取り内容でご注文ください。

  • コーナーAに指定がある場合は、A・Dの面取りを同じ内容にしてください
  • コーナーBに指定がある場合は、A・Bの面取りを同じ内容にしてください
  • コーナーCに指定がある場合は、B・Cの面取りを同じ内容にしてください
  • コーナーDに指定がある場合は、C・Dの面取りを同じ内容にしてください

※厚みが30mm以上の場合は円形の穴開けは直径30mm以上からしかお選びいただけません。

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

円形の穴開け
X Y 直径
1つ目 mm mm mm
2つ目 mm mm mm
3つ目 mm mm mm
4つ目 mm mm mm
5つ目 mm mm mm
6つ目 mm mm mm

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

※四隅に若干Rが残りますので予めご了承ください。

※X1、または、Y1に0を指定することで、板の端からの切り欠きを指定できます。

四角形の穴開け
X1 X2 Y1 Y2
1つ目 mm mm mm mm
2つ目 mm mm mm mm
3つ目 mm mm mm mm
4つ目 mm mm mm mm
5つ目 mm mm mm mm
6つ目 mm mm mm mm

斜めカット 斜めカット 斜めカット
X Y
A mm mm
B mm mm
C mm mm
D mm mm

※断面の斜めカットを御希望の方は、
問い合せホームよりお問い合わせください

※溝深さは、掘る幅が10mm以上で、木材の残り厚が最低5mm以上必要となります。

※溝幅は、最低30mm以上必要となります。

※溝と溝の間は、最低3mm以上必要となります。

※溝底の仕上げはいたしません。あらかじめご了承ください。

斜めカット
Y1 Y2 深さ 溝を掘る面
1本目 mm mm mm
2本目 mm mm mm
3本目 mm mm mm
4本目 mm mm mm

※塗装を行う場合は面取り加工が必要となりますので、面取り加工もご登録ください。

塗装について詳しくはこちらをご覧ください。

STEP4.カートに入れる

  • 木材オプション:
  • 単価:¥(税込)

  • 合計:¥(税込)

  • 重さ:kg

  • 数量:

マホガニー無垢材の特徴

① マホガニー無垢材
ウッディヨネダで扱っているマホガニーは、アフリカンマホガニーです。マホガニーは、チーク、ウォールナットと並んで世界の三大銘木のひとつです。高級家具などに利用されます。加工後も安定しているので、いろんな所で使われています。マホガニーは世界の人々に愛しつづけられている木材です。

② マホガニーの生い立ち
マホガニーは、中南米、南米、アフリカなどと世界に広く分布しています。アフリカンマホガニーは主に西アフリカで生育しています。

③ マホガニーの色合い
 マホガニーの色合いは、淡い赤褐色から濃い赤褐色まで幅広いです。マホガニーは、マホガニー色と言われることがあるように、古くから使われている高級木材です。


④ マホガニーの木目
 アフリカンマホガニーは、アフリカ育ちなので、あまり木目ははっきりと出てきません。


⑤ マホガニーの重さ
 マホガニーの比重は、0.48~0.81で、木材の中で中程度の重さです。アフリカンマホガニーは、0.56程度です。


⑥ マホガニーの家具
 マホガニーで作られた家具は超高級品として取り扱われます。落ち着いた赤色のマホガニーの家具は、どっしりとしています。狂いが少ない木なので家具材として定評があります。お部屋の中にひとつでもマホガニーの家具があると部屋の雰囲気が一変します。


⑦ マホガニーの内装材
 マホガニーは、寸法安定性もあり素晴らしい木材ですが、価格が高いのでかなり高級な住宅でないと大量には使用はできません。ワンポイントでマホガニーを使うのも良いかもしれません。マホガニーは磨耗や腐食にも強いので、造船やボートの内装にも幅広く利用されています。


⑧ マホガニーは寸法安定性が良い
 マホガニーは寸法安定性が良く、粘りもあるので高級家具、造船の内装、ツキ板の材料などに利用されています。

デスク・テーブル・床(フローリング)などとの相性

マホガニーはデスク、テーブルに最適の木材です。適度な硬さ、重さもあり、加工性も良く色は赤褐色でどっしりした高級感があります。
塗装しても仕上がりが良く、美しい光沢が出てきます。
マホガニーのフローリングは数少ないですが、マホガニーの植林木を利用したフローリングがあります。

マホガニーの色に関して

マホガニーは、淡い赤褐色から赤褐色までで色ぞろいは良いです。
鉋掛けをすると、光沢が出て赤褐色の色と相まって輝くように見えてきます。

マホガニー無垢材の経年変化

マホガニーは、赤褐色が年とともに濃い色に経年変化をしていきます。

ウッディヨネダが取り扱うマホガニー無垢材

ウッディヨネダで取り扱うマホガニーは、アフリカンマホガニーです。
淡赤褐色から赤褐色まで色揃いが良いのが特徴です。適度の硬さと重さがあり、加工もしやすいです。
テーブル、カウンター、家具、内装材、マホガニーをどのように利用しても、高級感あふれる感じに仕上がります。価格的には高い部類に入ります。

営業日カレンダー

定休日は、お電話での対応はお休みさせていただいております。サイトからのご注文・メールでのお問い合わせは24時間受け付けておりますが、ご連絡は翌営業日になりますのであらかじめご了承ください。

2024 / 2
123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829
2024 / 3
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※オレンジ色は休業日です

トップへ戻る