商品詳細

スギスギ

杉は古来より造船材や住宅用として使われてきました。桧と較べると少し庶民的というか、手軽に使えるイメージがあるようです。杉の芯に近い部分はピンクから赤色、黒色まで様々な色合いです。水に強い木材なので、古代からほんの数十年前までは木造船材として盛んに利用されつづけてきました。
水にも強いので、最近ではデッキ材としても注目されています。
乾燥技術が進んできた昨今では、杉は住宅の柱などの構造材、壁板、フローリング、家具材、DIYなどいろんな場面で目にするようになってきました。

スギの特徴

特徴
杉はまっすぐに成長するので木の目もすっきり通っているものが多いです。木の中では少しやわらかい方です。辺材は白く、心材は桃色系から赤黒い色まで様々です。建築材、天井板、船等の材料などに使われます。針葉樹。

杉の特徴は乾燥すれば軽い、少し柔らかい、触って暖かい。柔らかいので傷つきやすいことでしょうか。価格はお手頃です!そして、いくら杉の木を切っても間に合わないぐらい日本中に植林されているので、環境の事を考えてもどんどん使って良い木です。小さい角材からデスク・カウンター用の幅広い板まで加工することができるので、木工工作、DIYに利用するにもオールマイティな木材といえるでしょう。
杉はかつて和風住宅の天井板・床柱・廻り縁・鴨居など高価な材料としても取引されていましたが、現在は和風住宅の衰退とともにそういう利用方法は減ってきています。
主な使用用途
棚・カウンター・テーブル・家具・枠・壁板・ウッドデッキ・柱
スギ
STEP1.サイズ サイズの単位はミリ(mm)になります。
厚さ mm(10mm~55mm)
長さ mm(100mm~3000mm)
mm(20mm~1000mm)

ご注文の寸法にジャストカットいたします。

※木材は乾燥材でも環境の違いにより伸び縮みいたします。許容範囲はプラスマイナス0.3mmといたします。

(※ジャストカット無しのオプションは、2023年10月より無くなりました。)

ご入力の際の注意点
板の説明

※無垢材で幅100mm 以上の場合は幅はぎになります。

※板目、柾目、木裏、木表込みになります。

※無垢材で厚さ5~9㎜(幅130mm 以内)をご希望の方は、
1)商品詳細ページにて、厚さを範囲内にて入力いただき、
2)カート内、STEP2のお支払い方法・お届け時間等の指定ページの[ その他お問い合わせ ] の欄にご希望の厚みをお書きください。
3) 確認次第、再見積もりの金額をご連絡いたします。

STEP2.使用方向
使用方向図

使用方向について詳しくはこちらをご覧頂きいずれかご選択ください。

この商品の使用方向は三方向のみです。


STEP3.オプション

厚み25㎜未満は、反り止め加工ができません

反り止めについて詳しくはこちらをご覧ください。


各種加工について詳しくはこちらをご覧ください。

面取り図
A
B
C
D

※コーナーR加工と面取り加工をどちらも御希望の場合は、必ず同じ面取りをお選びください。

コーナーR
A
B
C
D

※コーナーR加工と面取り加工をどちらも御希望の場合は、必ず同じ面取りをお選びください。

下記箇所に該当する場合は、同じ面取り内容でご注文ください。

  • コーナーAに指定がある場合は、A・Dの面取りを同じ内容にしてください
  • コーナーBに指定がある場合は、A・Bの面取りを同じ内容にしてください
  • コーナーCに指定がある場合は、B・Cの面取りを同じ内容にしてください
  • コーナーDに指定がある場合は、C・Dの面取りを同じ内容にしてください

※厚みが30mm以上の場合は円形の穴開けは直径30mm以上からしかお選びいただけません。

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

円形の穴開け
X Y 直径
1つ目 mm mm mm
2つ目 mm mm mm
3つ目 mm mm mm
4つ目 mm mm mm
5つ目 mm mm mm
6つ目 mm mm mm

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

※四隅に若干Rが残りますので予めご了承ください。

※X1、または、Y1に0を指定することで、板の端からの切り欠きを指定できます。

四角形の穴開け
X1 X2 Y1 Y2
1つ目 mm mm mm mm
2つ目 mm mm mm mm
3つ目 mm mm mm mm
4つ目 mm mm mm mm
5つ目 mm mm mm mm
6つ目 mm mm mm mm

斜めカット 斜めカット 斜めカット
X Y
A mm mm
B mm mm
C mm mm
D mm mm

※断面の斜めカットを御希望の方は、
問い合せホームよりお問い合わせください

※溝深さは、掘る幅が10mm以上で、木材の残り厚が最低5mm以上必要となります。

※溝幅は、最低30mm以上必要となります。

※溝と溝の間は、最低3mm以上必要となります。

※溝底の仕上げはいたしません。あらかじめご了承ください。

斜めカット
Y1 Y2 深さ 溝を掘る面
1本目 mm mm mm
2本目 mm mm mm
3本目 mm mm mm
4本目 mm mm mm

※塗装を行う場合は面取り加工が必要となりますので、面取り加工もご登録ください。

塗装について詳しくはこちらをご覧ください。

STEP4.カートに入れる

  • 木材オプション: