商品詳細

ウォールナットウォールナット

ウッディヨネダが扱うウォールナット集成材は、適度に堅く、テーブル、デスク、カウンターなどいろいろな用途に利用する事ができます。
ウォールナット集成材は、重く、堅い木です。
塗装は下地処理をきちんとすれば、きれいに仕上がりますが、ウォールナットの醍醐味を残す為にもクリアー塗装が望ましいです。
ウォールナット集成材は、価格的には高い部類に入ります。

ウォールナットの特徴

特徴
家具用材として昔から人気のあった木材。家具に利用しても狂いが少ない。加工性も良い。銘木に含まれる。辺材は淡褐色。心材は褐色から濃い褐色。建築、床材、家具材。広葉樹。

ウォールナット集成材は、全体としては黒っぽいイメージの商品です。
ウォールナットは、塗装の仕上りも良い集成材です。無塗装品でも塗装品でも、高級感あふれる木材です。

ウォールナットは、小さくカットしても、鉋加工しても安定性の良い集成材です。

◎ウォールナット集成材の主なサイズについて
厚み 25㎜ 30㎜ 
長さ 100㎜から3000㎜
幅  30㎜から1000㎜
主な使用用途
棚・カウンター・テーブル・家具
ウォールナット
STEP1.サイズ
厚さ mm(25mm~30mm)
長さ mm(100mm~3000mm)
mm(30mm~1000mm)

ジャストカットをご希望の場合オプションで選択が必要です。
ご入力の際の注意点
板の説明

※木目は長さ方向に対して平行となります。

STEP2.使用方向
使用方向図

使用方向について詳しくはこちらをご覧ください。

STEP3.オプション

ジャストカットはご注文の寸法にカットいたします。木材は乾燥材でも環境の違いにより伸び縮みいたします。許容範囲はプラスマイナス0.3mmといたします。


反り止めについて詳しくはこちらをご覧ください。


各種加工について詳しくはこちらをご覧ください。

面取り図
A
B
C
D

各種加工について詳しくはこちらをご覧ください。

コーナーR
A
B
C
D

※厚みが30mm以上の場合は円形の穴開けは直径30mm以上からしかお選びいただけません。

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

円形の穴開け
X Y 直径
1つ目 mm mm mm
2つ目 mm mm mm
3つ目 mm mm mm
4つ目 mm mm mm
5つ目 mm mm mm
6つ目 mm mm mm

※厚みが40mm以上のものは加工出来ません。

※四隅に若干Rが残りますので予めご了承ください。

四角形の穴開け
X1 X2 Y1 Y2
1つ目 mm mm mm mm
2つ目 mm mm mm mm
3つ目 mm mm mm mm
4つ目 mm mm mm mm
5つ目 mm mm mm mm
6つ目 mm mm mm mm

斜めカット 斜めカット 斜めカット
X Y
A mm mm
B mm mm
C mm mm
D mm mm

※溝深さは、掘る幅が10mm以上で、木材の残り厚が最低5mm以上必要となります。

※溝幅は、最低30mm以上必要となります。

※溝と溝の間は、最低3mm以上必要となります。

※溝底の仕上げはいたしません。あらかじめご了承ください。

斜めカット
Y1 Y2 深さ 溝を掘る面
1本目 mm mm mm
2本目 mm mm mm
3本目 mm mm mm
4本目 mm mm mm

※塗装を行う場合は面取り加工が必要となりますので、面取り加工もご登録ください。

塗装について詳しくはこちらをご覧ください。

STEP4.カートに入れる

  • 木材オプション:

単価:¥(税込)

合計:¥(税込)

重さ:kg

数量:

ウォールナット集成材の塗装について

ウォールナットは塗装がきれいに仕上がる集成材です。塗装する前に充分にサンドペーパーやサンダー加工機などで表面をつるつるにしておけばなめらかな仕上りになります。
ウォールナットは、木本来の美しさがあるので、着色の塗装はさけて、クリアー塗装がお勧めです。

ウォールナット集成材の強度について

ウォールナット等の内装用の集成材については、強度性能の規定はありません。もちろんきちんとした原材料で製造しているので、テーブル、デスク、カウンター等に利用するには問題はありません。ウォールナット集成材は、高級なものなので、デスク、天板、カウンター等ここぞという場所に使ってみてはいかがでしょうか。

ウォールナット集成材の天板について

ウォールナット集成材は、安定性が良く広い面で使っても大丈夫です。ウォールナットの天板は、みごたえあるものになると思います。
あまり広い天板を作るとやはり集成材が自然とそってくるので、鉄か木の反り止めを入れることをおすすめします。

トップへ戻る